<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Cat walks ❺

J・KOYAMA * Cat walks * comments(0) * pookmark

『怪獣王子』の音楽担当、半間巖一って誰?

『怪獣王子』の印象的な音楽を担当した半間巖一(ハンマゲンイチ)。知らなかったが、ジャズの凄い人だった。
Google+ アカウントに、本人による こんなプロフィールが。
以下、記述のWりを一部修正・補足しつつ引用する。

1929?年生。
戦後のジャズ全盛期、中央大学在学中に学生バンド結成、ジャズコンで競い合い、プロの資格も取得。
当時、日本を代表する音楽誌「スイングジャーナル」(1947〜2010休刊)の日本JAZZ人気投票 第1位に選ばれる。
NHK 出演の折に見出され, 海外放送を皮切りに ラジオ時代の『紅白歌合戦』第1回から参加。のちに音楽責任者を務めることになる。
NHKラジオ日曜 朝9時に放送されていた『音楽夢くらべ』では、即興のピアノ伴奏を11年間担当(幼少の吉永小百合が2回出演し、ともに天才賞を戴いた)。
『世界の音楽』『立体音楽堂』『花の星座 』に出演。
NHKオールスターズ オーケストラの専属 作編曲家に。代表作「ヴィヴァ NHK 」は、『紅白歌合戦』でも演奏される。
数々の一流バンドに在籍、著名歌手 有名バンドに関わり、作編曲(美空ひばり 江利チエミ フランク永井 坂本九 原信夫とシャープスアンドフラッツ 来日時にレコーディングしたポール・アンカほか)が認められ地位を確立する。
TV時代に入り、NHKや民放の看板音楽番組も数知れず担当。
博覧会のために『EXPO '70 大阪万博 エレニトニクス噴水(エレクトロニクスの誤記か?夢の池にある、イサム・ノグチの噴水か?)の音楽』『沖縄海洋博 アクアポリスの音楽』 。
歌舞伎とジャズの結び付き、東宝歌舞伎『長谷川一夫 沓掛時次郎 舞踏・春夏秋冬』『石橋(しゃっきょう)』 。
1970〜1990年代『TBS 日本レコード大賞』音楽監督。
戦後、日本に無かった数々の洋楽音楽を、音楽制作者 音楽プロデューサー 音楽構成者となって示し、現在の隆盛に導く多大な貢献をして来た事実に、喜びと誇りを感じています。

趣味に車、鉄道模型( ジオラマ) 、RCアンティーク飛行機 RCヘリコプターの製作 操縦。
園田 直(そのだすなお 1913〜84 元陸軍軍人で、外務 厚生大臣を勤めた) が会長の日本RCヘリコプター協会および、やはり園田氏が会長の「模型飛行機 すなお会」 元役員。
全国からの会員推薦で選ばれ、世話人代表として園田氏が お亡くなりになるまでの数十年間、「山中湖サマービックフェアー」を毎年 夏に開催。
園田氏は大会に無欠席のマニアでもあり、会員とも政治抜きの素晴しき友でした。ご冥福を心から会員一同お祈り申し上げます。
模型界の巨匠で京都東本願寺の名僧 大谷演慧(1914〜2008 鳥人間コンテストでも役員を勤めた)も、幹部会員では異色を放ちました。
TBS『日曜特バン』で取材、高視聴率で3回再放映。「週刊新潮」グラビアでも紹介。

…自筆の華麗なプロフィールに、ウソはなかろう。
ネット上から読み取れる情報だと、離れて暮らしていた長男とは長らく確執があったようだが、父・半間巖一は2015年10月に亡くなっていた。享年87。
長男には相続が つつがなく行われ、平穏の日々が訪れていると思いたい。

J・KOYAMA * ターンノーン通信 2015〜 * comments(0) * pookmark

Cat walks ❹

J・KOYAMA * Cat walks * comments(0) * pookmark

『怪獣王子』再見

2年ほど前、10話まで観て 放ってあった『怪獣王子』(1967〜68)を、14話の遊星鳥人編 最終回まで観た。
小学校の高学年のとき観て以来だろうか。

突っ込みどころ満載(まず金門橋を破壊、世界中を飛んで我が国防省=ペンタゴン直属の科学庁研究所上空まで来ながら攻撃せず、威嚇するだけで去る円盤!角竜はツノ、剣竜は口から光線を出せるのに、ネッシーには何故か使わない!…等々)ではある。だが特撮カットは多く、合成など今観ても上々の出来。小嶋伸介の特撮を褒めたい。
戦闘機がF104ばかりではと思ったか、YF12が3機編隊で登場する回あり。

レンジャー部隊で、九州男児の橋場一曹(槍田順吉)は好感の持てるキャラ。
14話から登場するアイパッチの西住三曹(デビュー作『忍者部隊月光』のイメージを残した山口暁、のちのライダーマン山口豪久である。41歳で死去)は、鳥人指令を 背に挿した日本刀で倒す。
鳥人司令(菊池英一)のハンドアクションは、宇宙猿人ゴリ(遠矢孝信)に引き継がれたか。座ってる時、足をピンと突っ張ってるのも面白い。
研究所所員で、♪ 夢で逢えたら のシリア・ポールもセミレギュラー出演。
戦闘機のミサイル発射カットに代表されるリズミカルな編集と、エルマー・バーンスタイン『黄金の腕』(1955)やミシェル・マーニュ『地下室のメロディー』(1963)主題曲に似たレンジャー部隊の戦闘曲が耳に残る。

J・KOYAMA * ターンノーン通信 2015〜 * comments(0) * pookmark

Cat walks ❸

J・KOYAMA * Cat walks * comments(0) * pookmark

『可愛い悪魔』

ブリジット・バルドーの映画ではなく、大林宣彦監督のTVムービー。秋吉久美子主演『火曜サスペンス劇場 可愛い悪魔』(1982.8)は、初放送時に録ったビデオを持っているが、日本映画専門チャンネルで久しぶりに観た。
当時盛りだったロリコンブームの産物だな…と思って、イヤラシイ期待を持っていると、裏切られる。
「死んじゃえ〜」
ティナ・ジャクソン(1971年生のモデル・女優、のちに川村ティナの名でも活躍)演じる少女ありす は、欲しいもののためなら容赦のない邪悪さを発揮する魔少女で、改めて驚いた。
罪状は遂に暴かれないまま、たぶんこの後も何かやらかすだろう…。

殺人シーンの美学、曲った足やガラスの刺さりっぷり。ダリオ・アルジェント好きな方は是非。さらに『悪い種子』(1956)『悪を呼ぶ少年』(1972)も踏まえている。
放送の数ヶ月前に松竹系で公開された『転校生』の落ち着いた出来栄えで、それまでの評価を覆した大林だが。
本作では、今までの変な大林節も全開。
頭から金魚鉢スポッ!の死に様を見せる赤座美代子、マルクス兄弟映画ギャグのオマージュシーン?
花嫁(明日香いづみ、のちの明日香七穂)がガラスを突き破り落下する開巻の回想カット、よく見りゃ まぶたの上に目が描いてあるぞ!レディーガガ来日時パフォーマンスの先駆?
実は、突き破る時に目を開けていてほしいのに、女優が撮影時にどうしても閉じてしまうので、早く進めるために描いちゃったとか。
クライマックスでブスッ!のヒキガエルは、本物かね?

川辺の小屋に住む、みなみらんぼう演じるロリコン男(秋吉を狙ってたような気もするが…)は、意外で絶妙なキャスティング。
ナチの軍帽かぶった怪案内人は、岸田森。
円谷プロが制作に参加しているので期待しがちだが、大規模な特撮シーンはない。海辺、時刻に合わせた丘の洋館マット合成が数カットあり。

J・KOYAMA * ターンノーン通信 2015〜 * comments(0) * pookmark

Cat walks ❷

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

J・KOYAMA * Cat walks * comments(0) * pookmark

Cat walks ❶

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

J・KOYAMA * Cat walks * comments(0) * pookmark

14年目の電車男

2004年(平成16)3月14日 日曜日。
この世界の片隅で起きた出来事が、多くの人の共感を呼んだ。

○ 秋葉原からの買い物帰り、女性が多い京浜東北線車両に乗り合わせた、のちに電車男と呼称されるオタク男性(22歳、エロ同人誌好き、『ふたりはプリキュア』も観てる)。
車内で暴れ出した酔っ払い爺さん(60代?)から、勇気をふり絞って女性客数人をかばう。
なお、爺さんに絡まれるも一喝し下車した、気丈な女性も1人いた。
○ 但し、実際に爺さんを取り押さえたのは、騒ぎを聞いて隣車両から来てくれた男性サラリーマン(20代後半?)で、頼もしい この人物は その後 登場しない。車掌が来て、元の車両に戻ったか。
○ 車掌の指示で、次の駅で下車する事に。電車男と絡まれた女性客、酔っ払い爺さんと共に某駅で降りる。
○ やってきた警官と共に、署(交番)まで同行。事件にはしないが、調書を取られる。
○ 電車男は、先に帰ろうとするが。
そのとき 絡まれた女性客(40代?おばさんと20代の娘=のち電車男と交際、エルメスと呼称される)から、住所を聞かれる。

…もう、ひと昔以上前になるんですね。
「オタク男性の、場違いな相手との出逢いと恋」!テレビドラマや映画にもなった電車男の話を思い出したので、今も残る詳細な まとめサイトを閲覧してみた。
有名すぎる、発端となった事件。電車男氏はこの体験談を、帰宅し当日夜の9時半ごろから2時間に渡り2ちゃんねるへ書き込んだのか。
私、事件は午後9時台に起きたと思ってましたよ。実際は、夕刻?から午後8時台までに起きたようだ。
私、コレは創作でなく実際にあった事だと、現在でも思っています。

幸せになれたかどうか知らないが、今は36歳くらいの電車男氏よりも。
最初に絡まれたが一喝して下車した女性と、実際に取り押さえたリーマン男性と、酔っ払い爺さんの「その後」に想いを馳せつつ、まとめサイトを読んでおりました。

J・KOYAMA * ターンノーン通信 2015〜 * comments(0) * pookmark

セルジオ・コルブッチ監督のマカロニウエスタン二本立て

セルジオ・コルブッチのマカロニ版メキシコ革命劇『豹/ジャガー』(1968)を、シネフィルイマジカで久しぶりに観た。
原題は、“傭兵” 。
土曜映画劇場の短縮版以来か?DVDでは観ていない。
動乱のメキシコで稼ぐフランコ・ネロ(ポーランド人の傭われガンマン!)が吊るされた兵士のブーツでマッチを擦るところと、捕まった悪役ジャック・パランスが荒野で全裸に剥かれ尻を出すところは よく覚えていた。
革命に目覚めるメキシコ人役で出演したのは、パランスと一緒にハリウッドから出稼ぎの俳優トニー・ムサンテ。イタリア系だが、前年『ある戦慄』のチンピラ役で脚光を浴びたばかり。70年代には『刑事トマ』というTVドラマ主演作もあった。ウィキによると、2013年に口腔手術の際の出血で亡くなったという。享年77。
エンニオ・モリコーネとブルーノ・ニコライの音楽はCDを持っているが、傑作。
邦題の表記法(パンフ チラシ レコードなどで、『豹』『ジャガー 豹』など微妙に違うのだ)を巡るブログ記事があり、面白く読んだ。

その前に、コルブッチのマカロニ初期作品『ミネソタ無頼』(1964、日本公開は67)もやっていて、ラストだけ観た。
視力を失いつつある主人公(やはり出稼ぎハリウッドスターのキャメロン・ミッチェル)が捨て身の決闘、町を牛耳る保安官(フランスのスター ジョルジュ・リヴィエール)一味をを倒すも撃たれ瀕死。ここで終わるのが劇場版だが。
放送版は そこで終わらず、エピローグが付いている。体も目も治って旅に出る主人公。 かけている 眼鏡を投げ捨て、レンズを撃ち抜き去って行く…というハッピーエンド・バージョンでした!

J・KOYAMA * ターンノーン通信 2015〜 * comments(0) * pookmark

このページの先頭へ