<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

井上安治の風景 [1-a] 州崎

丸善の古本市で、はじめて明治の風景版画家・井上安治の作品 (東京真画名所図解) を見た。こんな小さな、絵はがきサイズのモノだったのね。でも風景の切り取り方が素晴らしいぞ。
昔、故・杉浦日向子のマンガ「YASUJI東京」(1985) で存在を知ってから実に20年以上の歳月が経っていた。

井上は1864年 (元治元年) 生まれ、1889年 (明治22年) 9月、結婚を目前にして病没。誕生日が不明なので、享年は25、それとも26か。夭折である。
少年時代、月岡芳年 (1839-92) に師事したあと、15歳で小林清親 (1847-1915) の弟子となる。清親の影法師と言われ、師譲りの光線画で人気を博した。生涯作品数は200点余、肖像の類は残っていないという。

篦棒に高価いモノではなく、欲しかったが無職の身…そのお金で別のモノが買えるゆえパスする。
帰宅して、ネット上のデジタルアーカイヴで再見。でも色味が良くないし、縁枠があると原図の良さを損なっているような気もする。
ちなみに古本市で見かけたのは、画 (版画) の保護のためか、白い台紙に挟み込まれたモノ。これが劣化し、退色しかけている画の印象をさらに悪くしているように思えました。
当カテゴリーは、画のみを切り出し、わたくし流で画像補整・傷消ししてアップするものです。資料価値はないが、見た目は良いんじゃないでしょうか
…この趣向、どうかね ? 好きな作品を少しずつ追加していきたいと思います。

盛夏の夕暮れ時、紅く染まる入道雲と蝉の声…明治も今も変わらないもの。「YASUJI東京」 第1話のトビラ、ちくま文庫版では表紙にも使われています。
J・KOYAMA * 井上安治の風景 a landscape painter YASUJI INOUE * comments(0) * pookmark

井上安治の風景 [1-b] 州崎のオリジナル

参考までに…画をお借りした TOKYO DIGITAL MUSEUM (トーキョーデジタルミュージアム 江戸東京博物館・東京都写真美術館・東京都現代美術館・江戸東京たてもの園の収蔵品検索サイト) に出ている元画はこんな感じです。
http://digitalmuseum.rekibun.or.jp/index.html
* 井上安治の風景 a landscape painter YASUJI INOUE * comments(0) * pookmark

井上安治の風景 [2] 大川端石原橋

明け方でしょうね。空気感が素晴らしいと思います。
* 井上安治の風景 a landscape painter YASUJI INOUE * comments(0) * pookmark

井上安治の風景 [3] 深川仙台堀

これも明け方のスケッチでしょうか。
石原橋同様、遠くにたなびく煙突の煙が効いてると思いました。
* 井上安治の風景 a landscape painter YASUJI INOUE * comments(0) * pookmark

井上安治の風景 [4] 吾妻橋

1887年 (明治20) 12月に、隅田川初の鉄橋として架け替えられた吾妻橋。出来て間もない頃のスケッチと思われます。
浮世絵的風景画でも、こういうメカっぽい作図をするときは、定規を使って描くのかな。トラスの数をちゃんと合わせなきゃ、とか井上安治も気を遣ったんではないか ?
気になったのは、川面に映るはずの吾妻橋の影が略されていること。
前掲 [3] [4] では煙突や小舟がキチンと映りこんでいるのに。
トラス描くので疲れ切り、忘れちゃったのかな ?

* 井上安治の風景 a landscape painter YASUJI INOUE * comments(0) * pookmark

井上安治の風景 [5] 柳島妙見

こういう風景の中に佇んでみたいですな。夏場は蚊が多そうだが。
画面中央の黒い直方体は小屋 ? 『2001年宇宙の旅』のモノリスみてぇ。

* 井上安治の風景 a landscape painter YASUJI INOUE * comments(0) * pookmark

井上安治の風景 [6] 万年橋ヨリ大橋

夕景でしょう。素晴らしい色あい。
* 井上安治の風景 a landscape painter YASUJI INOUE * comments(0) * pookmark

井上安治の風景 [7] 枕橋

今気が付いたけどこのシリーズの色味って、昭和20年代から30年代に作られた、イーストマンカラーやアグファカラーで撮影された日本映画を現在観たときの色味に似ていますよね。
フィルムメーカーはカラーフィルムの発色指標として、明治の風景画 (版画) を念頭に置き開発したのかな。
* 井上安治の風景 a landscape painter YASUJI INOUE * comments(0) * pookmark

井上安治の風景 [8] 本所枕橋ヅメ

このカテゴリー、修正に手をかけてやってるうちに、公開せず個人だけで楽しむ方がイイような気がしてきたな。好きな作品だけチョイスしていますが、素晴らしいよ。
この画の中央にある、百葉箱みたいな白い小屋は何だろうかね。


* 井上安治の風景 a landscape painter YASUJI INOUE * comments(0) * pookmark

井上安治の風景 [9] 厩橋

適度に省略された電柱や電線の描き込みが、何ともしれんイイ感じですな。
それによって味わいを増す風景描写は、100年後の『新世紀エヴァンゲリオン』にも受け継がれています (当たらずとも遠からじ、かと)。

* 井上安治の風景 a landscape painter YASUJI INOUE * comments(0) * pookmark

このページの先頭へ