<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 水木しげる、死す | TOP | 『STAR WARS フォースの覚醒』 >>

俳優・コメディアン 田中淳一

先日、時代劇専門チャンネルで『無用ノ介』(1969) 最終回…本放送では流れなかったという…を観ていたら、見覚えのあるハゲアタマの巨漢が悪ボス役で目立っていた。
『ウルトラQ 1/8計画』(1966) で、「自分の体型に合う人間縮小機が出来るまで、留置場に拘束されてるんだ」と話していた優しい大男じゃないか。
誤って小さくされた上、留置場に入れられた由利子を、逃がしてくれたのは彼だ。
この時のクレジットでは田中順一になっていたが、誤表記。
『無用ノ介』での表記、田中淳一が正しい。
同名の俳優やJリーガーがいるけど、こちらは故人である。

今回、この人について初めてネットで調べると、誤りもあろうが、いろんなことが分かった。

1921年生。
九州・福岡の紙問屋の跡取り息子だったというが、映画ファンが高じて、俳優になる事を夢見る。
戦前、博多へ巡業に来た劇団一座があり、そこの花形役者だった森川信 (喜劇スター、『男はつらいよ』シリーズの初代おいちゃん。当時はモテ男としても有名だった) に願い出て弟子入り。
案の定、実家からは勘当されたそうな。

おそらく、森川の下で長い間、コメディアンとして舞台の喜劇や軽演劇などで活躍していたのだろう。
テレビ時代となり、渥美清・由利徹ら多くの芸人が脚光を浴びた1950年代後半から、彼も表舞台に出たのだろうか。
容貌魁偉だが、憎めない巨漢。
他のサイトにも書かれていたが、安田大サーカスのHIROか、パチパチパンチの島木譲二ラインの芸人と思われる。
田中は、師匠である森川が松竹芸能とも繋がっていた関係か、関西で『バッチリ天国』(1958) というテレビ番組に出演し、知名度を上げたようだ。
沢田隆治と香川登志緒が初期に手掛けた、『てなもんや三度笠』系のバラエティ番組らしい。

映画 (続 番頭はんと丁稚どん、自動車泥棒、君も出世ができる、日本一のゴリガン男、ザ・タイガース 世界はボクらを待っている、温泉おさな芸者、ルパン三世念力珍作戦ほか)、テレビ (グーチョキパー、三匹の侍・第4シリーズ、泥棒育ちドロボーイ、特別機動捜査隊、変身忍者嵐、家光が行く、どっこい大作、座頭市物語、子連れ狼、大江戸捜査網ほか) など出演作が そこそこあるようだ。
NHKにもよく出ていたという情報があったけど、私は記憶がない。

55歳で死去。1977年のことらしい。
森川は、それ以前の1972年に60歳で亡くなっている。持病であった肝硬変が原因というが…。
博多での出逢いについて、呑みながら語り合う事もあったという二人。
師匠の森川も田中も、早すぎる死は酒が原因だろうか。
J・KOYAMA * ターンノーン通信 2015〜 * comments(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ