<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 市川崑『愛人』『わたしの凡てを』 | TOP | 『女囚と共に』を巡るアレコレ >>

『キングコング 髑髏島の巨神』

『キングコング 髑髏島の巨神』を観に行く。
アイマックスで3D上映の時間帯と知らず、追加料金で散財。
怪獣ファン絶賛と聞いていたが、映画としては間延びしたドラマ部分も多く、20分はカットしてほしかったなぁ。

2014年版『ゴジラ』にも登場したアメリカの秘密組織モナークの依頼で、傭兵や女性カメラマンや“ベトナム戦争ロス”の兵士たちも含めた調査隊が、謎の島に向かい、島の神であるキングコングや怪獣たちと遭遇。酷い目にあう。
時代設定は1973年。

・コングが湖から現れた大ダコに襲われるが、倒して足をクチャクチャ食べるシーン
・前脚だけのトカゲ・髑髏クローラー(スカルクローラー。デザインは、カオナシやエヴァの使徒に影響を受けているらしいが、SWのモンスターチェスの1匹に似てる気がする)と生き残った人たちの戦いで、自爆覚悟で残り立ち向かったニヒルな兵士(シェー・ウィガム)が尻尾で崖にポーンと飛ばされ、ドカーン!と無残な最後を遂げるシーン
…が印象的。
竹やぶの足長大蜘蛛が、兵士を『食人族』の一場面みたいにグサリと貫くカットや、『博士の異常な愛情』で有名な ♪ また会いましょう が流れるシーンなど、この手の映画マニア向け くすぐりも。
ムートー massive unidentified terrestrial organisms (M.U.T.O) という単語の訳が、未確認巨大陸生生命体であるとされた。

髑髏クローラーは、舌を内臓ごと引っこ抜くと即死するようだ。
ランホリンクス系怪鳥の群れが、一件落着後にダメ押しで川を下る生き残りを襲うのではと思ったが、それは無かった。
ふと思ったけど。MIYAVIが演じていた日本兵(名は、碇!)の遺児が、渡辺謙 演じる『ゴジラ』の本多博士だった…という設定じゃないのかね?

ともあれ、ちっとやそっとの銃撃ではビクともしない怪獣たちは日本人好み。
長いエンドタイトル後に写る、モンスター壁画を拝んでから席を立つべし。

※ エンドタイトルに、2014年版『ゴジラ』にも参加していたジョン・ダイクストラの名を見つける。役職は、同じVFXアドバイザー(なぜかIMDbのリストには漏れている)として。
さらに、ほぼ同時期公開の『ゴースト・イン・ザ・シェル』にも…。
老いて盛んな、特撮一代男!

J・KOYAMA * ターンノーン通信 2015〜 * comments(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ