<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ガラモンのマーキング柄 問題 | TOP | 『スパイダーマン : ホームカミング』 >>

『トランスフォーマー 最後の騎士王』

長い映画を劇場で観る気がしなくなったのは、年齢的に途中でオシッコしたくなる事が多い為。
中座している時に良いシーンがあると、悔しいものだ。
今日は思い立って、途中で寝ようがオシッコ中座しようがストーリー理解の妨げに ならなそうだが、上映時間は2時間半近くもある『トランスフォーマー 最後の騎士王』を観た。

このシリーズ、市街地でメカ(サイバトロン=オートボット)同士ガッシャンガッシャン戦うのが最初は面白かったが、毎回 映画の尺が長い上にバトルもクドいので、1作目と3作目しか劇場で観ていない。
今後は、DVDかテレビスルーで済まそう!という気分だったが。
5作目となる本作はアーサー王伝説が物語のキーで、ブリティッシュ志向。悪くない。
英国の名優で79歳になったアンソニー・ホプキンス翁が、アメコミ映画『マイティソー』シリーズ出演の縁か、本作にも。登場場面は多く、じいさん元気だなぁ!

中盤は海底が舞台で、潜水艦も活躍。J・キャメロンの海洋SF『アビス』(1989)の忘れがたい特撮シーンが、オマージュとして最新VFXで再現されるのが見どころ。
ラストの舞台はストーンヘンジのある広大な草原で、地球壊滅のために宇宙から木の根っこというかハチの巣みたいな超巨大構造物が錨の如く降りてくるビジュアルが良かった。

人類側の兵器では、オスプレイが活躍。
新登場サイバトロンでは、コグマンというC3POみたいな人間タイプが目立っている。
葉巻(のように見える銃弾)くわえたヒゲの巨漢鬼軍曹みたいなのは、ハウンドという名なんだね。
12体の騎士サイバトロンが合体して誕生する三つ首ドラゴン(ドラゴンストーム)のCGデータは、来たるゴジラ映画のキングギドラに応用されるのかな?

J・KOYAMA * ターンノーン通信 2015〜 * comments(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ