<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『無理矢理ロッキー破り』 | TOP | エイリアン=ゼノモーフは、異星人とアンドロイドの共作だった!『エイリアン コヴェナント』 >>

東宝の脇役・広瀬正一 覚え書き

チャンネルNECOで久々に観た、大林宣彦監督の劇場映画第1作『ハウス HOUSE』(1977.7 東宝)。
目が痛くなるエフェクトの嵐は、年齢的に こたえました(笑)。

東宝の脇役で、キングコングの着ぐるみにも入った広瀬正一(1918〜?)、なぜか熊とオヤジが店主のラーメン屋の客役で出演…とウィキや資料にあるけれど。
麺を口に入れたまま喋る その役者は、痩せていて歯も抜けてるみたいだし、別人では。
広瀬は、仁王様系の でっぷりした体躯。
少し前のロングショットで何か叫んでる、トラック野郎の役じゃないのかな。
あとウィキに、大西康雅(康雄 表記もあり)という大部屋俳優が演じる村の老人が、先生役の尾崎紀世彦と絡む…と書いてあるが、2度観たけど そんなシーン無いぞ。
大西、セピアの回想シーンで出ている老人の1人か?
『七人の侍』では百姓役、『ゴジラ』にもノンクレジットで出ているそうだ。

なお、広瀬正一は本作の後も大林作品など、1988年まで映画に数本出演しているが。
淡い親交があった白石雅彦が、「特撮秘宝」4号(2016)に寄稿した一文によると。
現場では愛されていたのだろう、東宝が専属俳優制度を止め解雇した後も、東宝スタジオの雑役やステージマンとして雇われ、長く勤めていたという。
だが1990年ごろ、椎間板ヘルニアで入院。
同年発売の特撮ファン雑誌「宇宙船」51号で、中島春雄・薩摩剣八郎と対談した後だろうか。
白石は労災病院に見舞ったというが、それが別れに。数年後、老人ホームで亡くなったという(70代中盤か)。
生涯独身だった。
でも没年不詳とは、寂しい限り。最後に広瀬が出演した『日本殉情伝 おかしなふたり ものくるほしきひとびとの群』の大林監督は、何か ご存知かもしれないが…。
8月に亡くなり、大きく報じられた中島春雄は、大部屋俳優でも別格だったということか。

広瀬のニックネーム・ソロモンは、戦争でソロモン海海戦(1942)の生き残りだからと、ウィキなどにも載っているが。
アフリカロケの秘境冒険映画『キング・ソロモン』(アメリカ 何度も映画化されたが、最初の1937年版)に出てくる歌う黒人酋長ウムボバ(ポール・ロブソン)に似ているから、という、「映画裏方ばなし」(1980 講談社)の鈴木一八 説もある。
広瀬に かような従軍体験が無ければ、後者が正しいはず。

ネットの東宝資料室データだと、最初にクレジットされた映画は、1950年の佐藤武監督『歌姫都へ行く』。
荒事・スタントのできる専属大部屋俳優で、『情艶一代女』(1951)では、冬の大川(隅田川)に飛び込んだという。
『七人の侍』(1954)では特異な横長の兜をかぶった野武士を演じ、頭目が倒れたあと、農家の裏木戸から豪雨に紛れ逃げた模様。
黒澤明は、この野武士の自筆デザイン画に “ソロモン” と記していた。

『モスラ』(1961)で、第3ダムに現れたモスラ幼虫に驚き、大福を飲み込む監視員役はマニアに有名。

J・KOYAMA * ターンノーン通信 2015〜 * comments(2) * pookmark

コメント

「HOUSE」の広瀬正一の件ですが、ラーメン屋の客で間違いありません。本作後の「ピンクレディーの活動大写真」「ねらわれた学園」などでも、痩せこけて老人化した姿が見られます。75年の「動脈列島」では小太り体型だったので、おそらくそれから「HOUSE」までの2年間に、何らかの大病を患って痩せてしまったんだろうと思います。
Comment by ウチケン @ 2017/09/29 3:54 AM
ウチケン様、コメントありがとうございます。
記事の発表順を急に変えてしまったので、情報いただいたのに返事が書けず、すいません。
そうですか、ラーメンを口に含んで喋る客で間違いないんですね。
別人としか思えません。
すると、ロングショットのトラック野郎役は、誰なんでしょうね?

「宇宙船」の対談記事には写真があったかどうか、本が手元になく今は確認できませんが、あったとしたら最後の写真という事になるのでしょうか。
Comment by J・KOYAMA @ 2017/10/12 8:44 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ