<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『海軍横須賀刑務所』 | TOP | セルジオ・コルブッチ監督のマカロニウエスタン二本立て >>

『シェイプ・オブ・ウォーター』

ヴェネチア映画祭で金獅子賞、オスカー13部門ノミネートというギレルモ・デル・トロ監督『シェイプ・オブ・ウォーター』(2017)を観たが。
…思ってたのと大いに違うぞ!

時は1962年、米ソ冷戦時代。軍の施設で働く口のきけない掃除婦イライザ(サリー・ホーキンス)と、運び込まれたアマゾンの半魚人(スーツアクターはダグ・ジョーンズ。IMDbだと、役名は 両性類の男=アンフィビアン・マン)の恋というアウトラインから連想する「迫害と悲恋の物語」をはみ出した、オフビートで過剰な展開に驚きっぱなしの2時間でした。
まさかミュージカルシーンまであるなんて ‼

シェリー・デュヴァルとシシー・スペイセクを合わせたような雰囲気のイライザだが、決して暗い女性ではない。
5時起きで朝風呂 & オナニー(短い描写だが、観客はビックリするよなぁ)、ゆで卵付のお弁当を作ってバス通勤。
汚物を扱い慣れてるせいか、血や ちぎれた指も平気! ヌルヌルしてそうな半魚人と恋に落ちちゃうのも必然?
仲のいい黒人女性の同僚(オクタヴィア・スペンサー)もいる。
住んでいるアパート(『イレイザーヘッド』の主人公が いそうだ)は映画館の上にあり、史劇『砂漠の女王』(1960)と『恋愛候補生』(1958)を上映中だから、館内は豪華でも古物を上映する劇場だろう。
前者の一場面は、後半の重要なシーンで観られます。あと、テレビに当時の人気番組など(ミスターエド、アニメのミスターマグー、テンプルちゃんの映画など。音楽ものは、知識不足でワカリマセン)が映っているので、マニアにはお楽しみ。

半魚人、触覚を生やし肥らせると『真・仮面ライダー』(1992 ビデオ作品)に似てるなぁ。
軍の施設は、50年代SF映画に登場する青緑系の実験室と『ミクロの決死圏』の地下施設を合わせたようなビジュアル。デル・トロが関わった『スプライス』(2009)も思い出されたい。
悪役で、スタン警棒(バトン)持った施設責任者の大佐を演じるマイケル・シャノンのキレっぷりも過剰ですけど、冒頭から半魚人に指を切断されるわ、掃除婦に連れ出されるわ、ソビエトのスパイにまで潜入されちゃあ、仕方ないけどね。
アパートに住むイライザの友人で、猫と暮らすゲイの老広告画家ジャイルズ(リチャード・ジェンキンス)は、治癒超能力があるらしい半魚人に頭を撫でられて発毛。あやかりたい!

冒頭から示されるイライザの首の三筋の傷あとは、ラストへの伏線となる。察しのいい方ならお分かりだろう。
もし本作がオスカー作品賞を得られたなら、ジャンル映画としては快挙ですな。

J・KOYAMA * ターンノーン通信 2015〜 * comments(2) * pookmark

コメント

作品賞、ホントに獲っちゃいましたね〜。計4冠でした。
『ブレードランナー2049』が、撮影賞と視覚効果賞をゲット。DVDも発売(2018.3.2)されたので、再見して切なさにドップリ浸かってください。
Comment by J・KOYAMA @ 2018/03/06 8:53 PM
第90回アカデミー賞、ここ1年の間に亡くなった映画人を偲ぶコーナー。
ジョン・G・アヴィルドセン ロジャー・ムーア ジョージ・A・ロメロ ダニエルダリュー ジョナサン・デミ フレッド・J・コーネカンプ チャック・ベリー ジェリー・ルイス…その中に、 中島春雄の写真が。
ゴジラアクターではなく、単にアクターと紹介されており、敬意が払われているのを感じた。
他に我が国の映画人では、鈴木清順も入っていたな。
Comment by J・KOYAMA @ 2018/03/10 2:36 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ