<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Cat walks ❹ | TOP | Cat walks ❺ >>

『怪獣王子』の音楽担当、半間巖一って誰?

『怪獣王子』の印象的な音楽を担当した半間巖一(ハンマゲンイチ)。知らなかったが、ジャズの凄い人だった。
Google+ アカウントに、本人による こんなプロフィールが。
以下、記述のWりを一部修正・補足しつつ引用する。

1929?年生。
戦後のジャズ全盛期、中央大学在学中に学生バンド結成、ジャズコンで競い合い、プロの資格も取得。
当時、日本を代表する音楽誌「スイングジャーナル」(1947〜2010休刊)の日本JAZZ人気投票 第1位に選ばれる。
NHK 出演の折に見出され, 海外放送を皮切りに ラジオ時代の『紅白歌合戦』第1回から参加。のちに音楽責任者を務めることになる。
NHKラジオ日曜 朝9時に放送されていた『音楽夢くらべ』では、即興のピアノ伴奏を11年間担当(幼少の吉永小百合が2回出演し、ともに天才賞を戴いた)。
『世界の音楽』『立体音楽堂』『花の星座 』に出演。
NHKオールスターズ オーケストラの専属 作編曲家に。代表作「ヴィヴァ NHK 」は、『紅白歌合戦』でも演奏される。
数々の一流バンドに在籍、著名歌手 有名バンドに関わり、作編曲(美空ひばり 江利チエミ フランク永井 坂本九 原信夫とシャープスアンドフラッツ 来日時にレコーディングしたポール・アンカほか)が認められ地位を確立する。
TV時代に入り、NHKや民放の看板音楽番組も数知れず担当。
博覧会のために『EXPO '70 大阪万博 エレニトニクス噴水(エレクトロニクスの誤記か?夢の池にある、イサム・ノグチの噴水か?)の音楽』『沖縄海洋博 アクアポリスの音楽』 。
歌舞伎とジャズの結び付き、東宝歌舞伎『長谷川一夫 沓掛時次郎 舞踏・春夏秋冬』『石橋(しゃっきょう)』 。
1970〜1990年代『TBS 日本レコード大賞』音楽監督。
戦後、日本に無かった数々の洋楽音楽を、音楽制作者 音楽プロデューサー 音楽構成者となって示し、現在の隆盛に導く多大な貢献をして来た事実に、喜びと誇りを感じています。

趣味に車、鉄道模型( ジオラマ) 、RCアンティーク飛行機 RCヘリコプターの製作 操縦。
園田 直(そのだすなお 1913〜84 元陸軍軍人で、外務 厚生大臣を勤めた) が会長の日本RCヘリコプター協会および、やはり園田氏が会長の「模型飛行機 すなお会」 元役員。
全国からの会員推薦で選ばれ、世話人代表として園田氏が お亡くなりになるまでの数十年間、「山中湖サマービックフェアー」を毎年 夏に開催。
園田氏は大会に無欠席のマニアでもあり、会員とも政治抜きの素晴しき友でした。ご冥福を心から会員一同お祈り申し上げます。
模型界の巨匠で京都東本願寺の名僧 大谷演慧(1914〜2008 鳥人間コンテストでも役員を勤めた)も、幹部会員では異色を放ちました。
TBS『日曜特バン』で取材、高視聴率で3回再放映。「週刊新潮」グラビアでも紹介。

…自筆の華麗なプロフィールに、ウソはなかろう。
ネット上から読み取れる情報だと、離れて暮らしていた長男とは長らく確執があったようだが、父・半間巖一は2015年10月に亡くなっていた。享年87。
長男には相続が つつがなく行われ、平穏の日々が訪れていると思いたい。

J・KOYAMA * ターンノーン通信 2015〜 * comments(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ