<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Cat walks ❼ | TOP | 時には昔の話を >>

『勲章』

日本映画専門チャンネルで、渋谷実 監督のブラックな風刺コメディ『勲章』(1954.4 俳優座=松竹)を久し振りに観た。2005年にNHKBSで観て以来。
再軍備・国防費増強。右寄りキナくさい世相の今、観るべき怪作である。
警察予備隊→保安隊から自衛隊となる約3ヶ月前に封切り。脚本(渋谷 劇作家の内村直也と共同)の橋本忍は、代表作となる『七人の侍』公開を2週間後に控えていた。

戦後、失墜した権威回復を狙う元陸軍中将・小沢栄太郎(小沢栄 名義)の奮闘と挫折の物語。
風呂で彼の背中を流す、部下(南方で戦犯となり収監、ようやく帰国)だった東野英治郎!濃すぎるシーンです。
佐田啓二 香川京子 岡田英次 岩崎加根子 東恵美子 小沢昭一といった当時の若手も出ているが、毎度のように達者な金貸し役の杉村春子、保安隊にいる松本克平、傘直し兼 今川焼屋に落ちぶれてる やはり元中将の千田是也(身重の若妻役は菅井きん)、郷里の戦友会シーンで登場する田島義文や花沢徳衛が目立ってる。

天本英世がノンクレジット出演していたと自著で書いていたので、チェック。出番は冒頭の結婚式シーンの客役と思っていたが、見当たらず。中盤、小沢の主催する再軍備促進団体・東亜あけぼの会 講演会の聴衆の中にいた。セリフなし。
なお、天本は『広場の孤独』(1953.9 新東宝 記者役でセリフあり ノンクレジット)が最初の映画出演。ついで本作だが、公開順は『勲章』より『女の園』(1954.3 松竹 教授役でセリフあり ノンクレジット)が先だった。
正式デビューは、『二十四の瞳』(1954.9 松竹)の高峰秀子演じる大石先生の夫役である。

J・KOYAMA * ターンノーン通信 2015〜 * comments(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ