<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< Cat walks ⓫ | TOP | Cat walks ⓬ >>

『恋は緑の風の中』

日本映画専門チャンネルで、『恋は緑の風の中』(1974.11 東宝)を三十数年ぶりに観る。
埼玉の中学2年生のグローイングアップものだが、さすがに直接描写まではいかない。コメディではなく真面目な青春映画。
当時のアイドル・佐藤佑介が性の目覚めに悩まされる主人公を演じる。風呂上がりに父母(福田豊土 水野久美)の前でフリチン姿のカンフーポーズ、自分の恥垢について聞くシーンが意表を突きすぎで最高です。
原田美枝子の本格デビュー作(同年に出演した日活の児童映画が最初という)。当時はまだ高1だが、佐藤の夢のシーンでヌードあり。彼は夢精しちゃうのであった。不良に絡まれ転倒した時にパンチラ、レイプされかけるひと幕も。
佐藤に胸出しで迫るクラスメイト女子は和気ますみ。映画出演は本作だけのようだが、テレビでは時代劇のほか『西遊記』『恐竜戦隊コセイドン』に出ている。1980年頃まで出演歴あり。
子供たちが廃工場に作ったアジトに乗り込んだお母さんたちが、派手にパンツを見せてひっくり返るカットは何故かストップモーションに。♪ スーパーマンのコドモ の歌が囃されるのであった…。

今回この映画をチェックしたのは、旧ブログのコメント欄で真鍋明子(杉良太郎がエッセイに書いた夭折のマイナー女優)のクレジットがあると教えられたからだが、役は不明。乳首が透けて見える体育の女教師かと思ったが、どうも違ってた。
色っぽい水野久美のお母さん役はファン必見。入浴シーン、佐藤とキスシーンもあるぞ。

独立プロ系で東大卒のインテリ監督 家城巳代治の遺作(2年後に60代で死去)だが、自分のプロダクションの作品で収益をあげたい意図もあろう、意外やティーンの女優を脱がせる手管は一流だった?もうちょい長生きして次回作を作れたら、面白いコトになってたかも。
なお、シナリオは奥様の いえきひさこが担当。秋元文庫からノヴェライズが出ていた。

劇場で同時上映されたのは、高橋洋子の『蔵王絶唱』。

J・KOYAMA * ターンノーン通信 2015〜 * comments(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ