<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

映画『人間革命』

日本映画専門チャンネルで橋本忍 追悼放送として、舛田利雄監督『人間革命』(1973.9 東宝)を観た。初見である。
ウチの母方の親戚は、ある時期から創価学会の信者ばかりになってしまったけど、早世した両親や私は結局入信しなかったせいか(折伏は知らないが、ある時期まで聖教新聞だけは取らされてました。バリバリ君の作者・井上サトルも故人だそうですね)、徐々に疎遠と なってしまった。したがって本作は、私にとって有り難〜い映画とは思えないが…でも、特撮シーンは以前からチェックしたかったので、放送には感謝。
1年後に作られた大作『ノストラダムスの大予言』への影響が色濃い事だけは、よぉ〜く分かったよ。

丹波哲郎は創価学会の第2代会長 戸田城聖役、シンクロ度が高いと思われる大熱演(怪演)。
日蓮役の仲代達矢ともシンクロする編集があった。
初代会長の牧口常三郎(ツネサブロウ、1944年に73歳で獄死)役は、芦田伸介。
渡哲也がヤクザ者役で、ゲスト的に登場。
田島義文 稲葉義男 加藤和夫らが、戸田の同志的な学会古参メンバー役。
特撮ファンには馴染み深い、佐原健二と森次晃嗣は学会信者役。ラスト近くでは揃って丹波の講話を聞いてるのが可笑しい。その席には塩沢とき までいるぞ。
原作者で第3代会長の池田大作に当たるキャラクターは登場せず。3年後に作られた『続 人間革命』の あおい輝彦がそうらしい。戸田との出会いは、1947年だそうな。
目立っているのは、僧役で頭をまるめた山谷初男と、丹波と対峙する検事役の青木義朗か。
クレジットに名がある、高松しげおの出番を見つけられず。資料には ボーナスの多いサラリーマン役とあり、ラストの講話中に挟まる現代パート(講話が行われているのは戦後の1940年代中盤だが、映画公開当時の「現代」である1973年が突如描写される。佐藤允 雪村いづみ 黒沢年男らがセリフなしで出演)で高級車を買おうと目を輝かす男がくさいと思ったが、別人。
何かの理由で、放送版からはカットされているのか?

挿入されるエグいイラストは、挿絵画家の藤尾毅 伊東展安 美術の村木忍 柳生悦子が担当。
『日本沈没』に着手する直前の中野昭慶特撮は、思った通り大した分量ではなく、荒れる海や日蓮に迫る白い光、ラストの南無妙法蓮華経エフェクト(光が回転し星雲状になる)が目立つ程度。
広島原爆投下では『世界大戦争』のキノコ雲、ラストでは火山の実写フィルムや『緯度0大作戦』の海底火山噴煙らしきカットも背景素材として流用されていた。

J・KOYAMA * ターンノーン通信 2015〜 * comments(0) * pookmark

Cat walks ⓳

J・KOYAMA * Cat walks * comments(0) * pookmark

ポール・マッカートニーの名古屋公演

11月8日は、ナゴヤドームで行われたポール・マッカートニーのコンサート(フレッシュン・アップ・ツアー)へ。
ビートルズ解散後のソロとしては7回目の来日、名古屋は初(1980年1月、大麻取締法違反で逮捕されなければ、ウィングスとして愛知県体育館で2日間公演していたはず)。死ぬまでに一度は観てみたくて、チケットをとった。
身長は180センチというがスリムなままの76歳、菜食主義のヒトとは思えぬパワー溢るるステージで、まず声が若い。「次も新曲だがや」「でら最高」と名古屋弁も披露。
縦長巨大モニターには、同時通訳も表示されるのが有り難い。
♪ オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ や ♪ ヘイジュードは客席とシングアロング、ナーナーナーナナナナ〜ナゴヤ!とやらかすなど大サービス(ニュース番組によれば、客席の地元ファンたちが持ったフリップの仕掛けに呼応した模様)。
♪ 死ぬのは奴らだ では、モーリス・ヴィンダーの007タイトルよろしく炎が吹き上がる演出だった。
会場と一体になった3時間弱、次から次へ楽器を変えながら歌う。休憩もなく水も(たぶん)飲んでない。いや〜凄い!来年喜寿とは全然思えず、脱帽。

いいところなのに席を立ち、また戻ってくる観客が少なからずいる。ご高齢のファンも多く見受けられたから、たぶん頻尿なのだな。
アンコール前に帰って行く人も多い。遠方から駆けつけたのだろうが、もったいない事だ。
場外テントの物販は長蛇の列でウンザリ、グッズ限定の場内物販はごった返し潰されそうで中途断念。コンサート終了後に買った。

J・KOYAMA * ターンノーン通信 2015〜 * comments(0) * pookmark

Cat walks ⓲

J・KOYAMA * Cat walks * comments(0) * pookmark

マンガ「酒のほそ道」の喫煙シーンって

執筆時期バラバラの原稿を季節ごとにまとめた、コンビニコミック版「酒のほそ道」(1994〜「漫画ゴラク」連載中)を読んでいたら。
主人公の岩間宗達がカウンターで1人酒のとき、タバコを吸ってる回があってビックリ。灰皿には、数本の吸い殻も描かれている。
飲んべえだが、彼は非喫煙者と思っていたよ。昨日までは…。

サラリーマンの酒場とアテを巡る うんちく系ショートコミックは、20年ほど前に行きつけの寿司屋で、中古レコード屋のオーナーからビデオダビングのお礼に貰って知った。
作者はラズウェル細木、間に挟まるエッセイも達者だ。その時点で7巻まで出ていたと思う(今年2018年には、43巻まで刊行)。
以来 気に入り、折々ブックオフなどで購入。トイレや寝室に数冊づつ常備してあるものの、全巻熟読してるとは言えない。
自分が読んでいる限りで、主人公の喫煙シーンは記憶になかった…というか、最近の分煙化の風潮から、巧みに避けているように思ってた(テーブルに灰皿やタバコの箱が置いてある描写はあるが、吸ってるカットはなしとか)ので意外。
してみると、タバコの規制が緩かった連載初期のエピソードなのか?ネット情報では、単行本未収録でコンビニコミックのみで読める回があるといい、そういうエピソードかもしれない。
なお、その回で扱っていた居酒屋のメニューはコハダだった。

※ タバコ規制が今ほど厳しくなかった1994年に描かれた第1巻(97年に刊行)をパラパラとやってみたが。
宗達の喫煙シーンは…見当たらない!
っていうか、店内で喫煙する客、テーブルに灰皿があるカットすら皆無に等しいぞ。コンビニコミック収録のエピソードには、同僚の喫煙シーンもあったのに。
我が家にある単行本は既刊43巻中の20冊ほどだが、チェックする根気はない。ファンの方、どなたか岩間宗達の喫煙シーン探しにチャレンジを。
J・KOYAMA * ターンノーン通信 2015〜 * comments(0) * pookmark

Cat walks ⓱

J・KOYAMA * Cat walks * comments(0) * pookmark

『大仏廻国』まさかのリメイク

円谷英二の師・枝正義郎が撮った幻の特撮映画『大佛廻国』(1934)が、自主制作映画『大仏廻国 The Great Buddha Arrival』としてリメイクだって。
横川寛人監督がクラウドファンディングで資金を集め、枝正監督の遺族にも承諾を得て大物俳優のカメオ出演も実現させた、往時の いちせ会かダイコンフィルムばりの特撮大作だ。
でも予告編の感じだと…うーん、河崎実監督作品程度のユルい出来になりそうですか?…まぁそれはいいけど。

2014年出版の、戦前に作られた特撮映画について書かれた高槻真樹氏の本(但し、真鍋新一氏の同人誌から多くを採っている模様)で扱われており興味を覚え、2015年初頭に自分なりの調査結果をブログに書いた事があったが。
コメントは何一つ来てないけど、関係者や紹介記事のライター諸氏、多少は参考にしてくれてるよね?だったら嬉しいが。

ただ、今度は大名古屋ご当地映画というわけじゃないらしい。
年末公開。映画には大きな期待をしないけど、話題にはなるだろうから。
公開がきっかけになりフィルムは無理でも、どこかの古道具屋か倉庫に眠るオリジナルのスチル写真か台本が発見される事を期待します。

J・KOYAMA * ターンノーン通信 2015〜 * comments(0) * pookmark

Cat walks ⓰

J・KOYAMA * Cat walks * comments(0) * pookmark

『フォレスト・ガンプ』の曲じゃなかった

テレビのバラエティ番組で時々使われるBGMで、高揚感があり耳に残る曲があって。
長年、『フォレスト・ガンプ 一期一会』(1994 日本公開95)で、少年時代の主人公が付けてる足のギプスを壊す勢い、自転車で追ってくるイジメっ子から走って逃げ切る名シーンで高鳴るアラン・シルヴェストリの曲だと思っていたが。
映画を観直す機会があり、違ってることに気付いた。
しばらく忘れていたが、先日ワイドショーの京大・本庶(ほんじょ)教授ノーベル賞受賞報道でも使われてて、今日こそは〜!と大調査。
ショーン・アスティン主演のアメフト映画『ルディ 涙のウイニング・ラン』(1993 日本公開94)の曲だった‼
ジェリー・ゴールドスミスだったか。胸のつかえが漸くおりたよ。

J・KOYAMA * ターンノーン通信 2015〜 * comments(0) * pookmark

『NHKスペシャル “樹木希林” を生きる』

本放送は中華屋のテレビで観た、『NHKスペシャル  “樹木希林” を生きる』。
地域ドラマ出演時に知り合ったNHKの若手ディレクターに、密着取材を許した2年弱の記録であるが。
この3月、別の取材先にディレクターを呼び、PET検査(陽電子放射断層撮影)のガン転移データを見せて「主治医は保って年内と言った。もっと早いかも」と語り始めるくだりの凄味に唸った。
「これが番組のキモ=目玉になるから」
「私は、そういう風にモノ考えるのよ」
内田裕也もビビるわな、確かに “見事な女性” であった。
7月中旬までテレビ番組や映画の撮影、アメリカにも行き、9月に死去。享年75。

ところで、今も特撮ファンに人気のある最初の亭主・岸田森(文学座同期で、結婚していたのは1964〜68年。1982年に43歳没)について、2ショット写真や彼女が書き残したり語った記事は無いのだろうか?
好事家の方、古い雑誌を調べてみませんか。

J・KOYAMA * ターンノーン通信 2015〜 * comments(0) * pookmark

このページの先頭へ